結婚できない人がウマクいく人の「年齢」と「年収」の関係

プライベートでの出会いが少なくなった近年、結婚相談所が見直されています。日々の仕事に追われて、いつのまにかこんな年齢になってしまったと結婚相談所の扉をたたく人が増えているのです。女性は30代から40代前半にかけて、男性は40代が最も多く在籍しています。このことから考えても、仕事では責任ある立場にあり、収入も安定している人が多いのが現状です。

一昔前では、結婚相談所は人付き合いが苦手な人やどちらかというとモテない人が行く結婚できない人の最後の手段のように思われていたと言っても過言ではありません。現在では全く様変わりしているのです。特別な人が在籍しているのではなく、全く普通の人、いえ、収入面では明らかに平均以上の人が多いのです。特に女性は結婚となると安定した生活を希望しますから、そういった面からも結婚相談所を利用することには価値があるのです。ただこのような出会いに抵抗があると考える人もいるでしょう。自然な出会いでないと感じ罪悪感を持つ人もいるでしょう。

けれども、結婚相談所での出会いでも、出会ったあとは恋愛なんです。ドキドキ、キュンキュンするのです。もちろん喧嘩をすることもあるでしょう。それは、プライベートでの出会いの恋愛となんら変わりはありません。変わりがあるのは、初めから自分の希望としている条件の方に出会っていけるということなんです。自分の年齢、趣味、環境などの条件に合う人とプライベートでは1年に何人の人と出会えるでしょうか。1人も出会えないかもしれません。だからこそ、価値があるのが結婚相談所なのです。