結婚相談所の相談員に聞いた、こんな人は結婚できない!男性編

結婚相談所に登録すれば良縁があるというのは間違いありませんが、中にはまるで自分から良縁を遠ざけているようなひともいます。特に男性の場合は特徴的な人が多く、相談員も頭を悩ませることが多いとされています。
まず、そんな人の代表としてはお金を払っているのだからいい人と出会わせてくれる、という意識の人です。この場合は相談員が自分の条件に合う人を勝手にマッチングし、良い条件の人を紹介してくれるのだと考えている場合です。もちろんこれはある意味では結婚相談所本来の役割なのですが、その時に例えば相談員のアドバイスを聞き入れなかったり、明らかに自分の条件が厳しくなりすぎていたり、お互い吊り合わないような条件を提示したりしていると、さすがにマッチングしづらくなります。
また、非常に内向的な人もそうでしょう。もちろん結婚相談所ではある程度男性でも出会わせてくれますが、それ以降では恋愛や結婚の場においては未だに男性がリードするもの、という風潮は変わっていません。このため、自分から誘ったりアプローチできない人はそもそも無理なのです。
最後に、年収が低い人も難しいでしょう。特に女性はある程度結婚の場においては相手の年収なども重視しますので、明らかに年収が低い人はそう相手にされることはありません。無職だったり資産が無かったりする人も同様ですので、経済力が全く無い人はマッチングすることが難しく、どんなに良い相談員でも出会わせてくれることはないでしょう。

続きを読む

結婚相談所で結婚できた人に聞きました!結婚までの期間は?

結婚相談所がほかのお見合いパーティーや婚活サイト、合コンに比べて費用が高額にもかかわらず、利用者が増えている最大の理由としては、交際相手が見つかってから結婚までの期間が短いことがあげられます。通常の職場や合コンでの出会いの場合、交際期間はお互いの年齢やそのときの状況にもよりますが、成婚に至るまでの交際期間は1年から3年ぐらいが平均的な期間になります。しかし、結婚相談所では、交際相手が見つかった後でも結婚するまでは、月額料金を毎月支払わないといけません。また、相談所側としても会員同士が結婚に至ると成功報酬として成婚料という名目で数十万程度のお金を得ることができるため、なるべく交際が長引かないように担当している会員の交際状況を確認しています。

結婚相談所に登録している会員の大多数が、30代の男女がメインになっていることを交際が長引かない理由になっています。合コンや婚活サイトでは、恋愛をまず楽しみたいと考えている人が多いため、結婚相談所に比べると結婚が決まるのが遅い傾向にあります。結婚相談所では、個人差はありますが、だいたい半年から10か月ぐらいで交際している相手との成婚が決まっています。しかし、結婚相談所で交際相手が見つかっても、お互いの相性の相違などで別れるのもほかの出会い方に比べると早い傾向にあります。破局する場合は、交際開始から3か月以内が一番多いです。逆に3か月以降も交際が続く相手とは成婚に至る確率が高いです。

結婚できないと諦めた人でも可能性がある場所、それが結婚相談所なのです。

続きを読む